とくにあぶなくないRiSKのブログ

危ないRiSKのブログだったかもしれない。本当はRiSKだけどググラビリティとか取得できるIDの都合でsscriskも使ったり。

昨日のことだけど,一日たって思うことを今書く。ようやく落ち着いてきたし…。


体調が悪い人にきついことを言ったのは失敗だった。ずいぶんと凹んでいるようだ…。ごめん。体調気力共に回復してくれるといいのだが…。


ずっと言いたくて言えなかったことをここに書く。テーマは「仕事が出来る」。

新しい仕事を始めたばかりであれば,要求は小さい。教えたことが,文字通り出来るようになればよい。出来る奴も出来ない奴も,この程度の要求に答える。とはいえ,このスタート時点でも,出来る奴と出来ない奴の差が見える。出来ない奴は教えたことをやるだけだが,出来る奴はさらに教えろとせがむ。つまり質問するわけ。「なぜ」こうするのか? 「別の方法」で(仕事を)してもよいか? ってね。この出だしの差は顕著だね。出来る奴は期待以上の結果を出すから,一目置かれることになる。

しばらく立つとみんな仕事になれてくる。極端に(文字通り)出来ない奴もいなくなる。みんな(小さい)要求以上に働く。

1-3ヶ月を過ぎたあたりで,出来る奴と出来ない奴との差が再び開いてくる。出来ない奴はほぼ横一線で進歩がない。出来る奴は少しずつ確実に伸びる。このあたりで要求も大きくなるから,進歩しない奴は期待に応えられないため目立つ。

具体的にどのように目立つのだろうか。ハッキリ言う。仕事していない状態が目立つ。人間疲れるのは当たり前で,ぶっ続けで働く事なんて普通要求しない。なのになぜ仕事をしていない状態に注目するか? 出来ない奴は, 仕事をしていない状態≠休憩 なんだよ。ダラダラしてるだけ。そんなんだから,仕事そのものもダラダラするんだよ。出来る奴のまねをしろ。

出来る奴は,一時間なら一時間「全力で」働き,その後 1-5分程度「明確な」休憩を取り,その後,また「決まった」時間全力で働く。

全力だと疲れる? はぁ? 仕事で疲れるのは当たり前。それが嫌だったら疲れない「工夫」をしてみろ。もし,仕事が肉体労働なら,基礎体力をつけな。それだけで疲れにくくなる。「努力」しろ。


さてここで,具体的に仕事が出来るとはどういう事か書くことにする。とは言っても,ヒントは既にたくさん書いた。「」内はすべてキーワード。もう答えを書いちゃうぞ。それは「向上心」を持って仕事をするって事だよ。

(1)「向上心」を持っている奴は,教えられたことを極めようとする。より早く,より正確に,より美しく,より分かりやすく,より楽に。前回の作業より,良くしようと考え,目標を立て,行動する。特定の作業において骨を探す。

(2.1)やがて「向上心」を持っている奴は,目的を考える。現在の作業の流れより良いものがないか考える。つまり,現在行っている作業を行う理由を考え,以前とは違う(よりよい)別の作業(の流れ)を考える。

(2.2)さらに「向上心」を持っている奴は,仕事を自分で作る。教えなくても,考える。指示を出さなくても,行動する。こういう奴がダラダラするはずはない。

私は,誰でも(1)-(2.2)まで出来る「出来る奴」になれると思ってる。「向上心」を持って欲しい。それを助けるために,(2.1)に関してフォローしてきたつもり。仕事の理由・作業の目的を教えてきたでしょ?

私は,誰でも「出来る奴」になれると思ってる。だから,少々の苦言は甘受して欲しい。

まぁ,私自身もがんばりたいと思う。基礎体力を付けるために日課で筋トレやってんだし,続けよう…。