とくにあぶなくないRiSKのブログ

危ないRiSKのブログだったかもしれない。本当はRiSKだけどググラビリティとか取得できるIDの都合でsscriskも使ったり。

基数変換

例外処理も加えた方がよいでしょう。1進数,0進数および負の進数というのはありません。(1進数では0のみを使います。ですから,例外的に0(10)を0(1)と表現できますが,ほかの数を表現できませんから,実用にはならないでしょう。)これらを省きます。また,62進数を越えた表現も(今のところ)できません。sizeof(s) で文字列リテラル(配列)のサイズを得られます。その文字列には '\0' が含まれますので,サイズを -1 することで,表現できる最大の進数を求めることができます。sizeof(s)-1 を越える進数も省きます。
ここまできて,初めに挙げたコードになるわけです。

何? まだ再帰が分からない? そんな方はコメントに書きましょう。まだまだ,再帰について説明する予定です。