とくにあぶなくないRiSKのブログ

危ないRiSKのブログだったかもしれない。本当はRiSKだけどググラビリティとか取得できるIDの都合でsscriskも使ったり。

猛烈に鬱な件について

ようやくフラッシュバックも少なくなってきたと思っていたのに,今日はやたらフラッシュバックに襲われる。正直に言うと,その瞬間,何とか別のことを考えようとしてリアルに「にゃんにゃん」と言っているのだけど,今日は「にゃんにゃん」を何回言っただろう。*1

会話

まぁ,超意訳ですがこんな会話があったり。
某女史1「んまー某女史2さん,喋ってて間違えてないの?」
某女史2「あら某女史1さん,じゃぁ,もう一度確認するわ。がはははは。」
私「へぇ,某女史1さんも結構言いますねー!」
某女史1「溜めておけばダメよ。RiSKさんは,胸の奥にため込むほうでしょ。」
私「うん,そうなの。」
某女史1「ダメダメ。」
私「じゃあ,今度から某女史1さんに言いますね。」
某女史1「何を?」
私「何でも。」
某女史1「何でもか。」
みんな「わはははは。」
完全にネタ化してたけど,本当に「胸の奥にため込むほう」なんですよね。はぁ... 重要な事を相談できる人いないなぁ...

腰が疼く。何とも言えない違和感。死ぬまで治らない気がしてきた。使えない人形でつね。私は。ゴミだ。
気遣ってくれる上司に「天気が悪いから?」と聞かれた。「そうなの?」って感じだったけど,今思うと本当にそうなのかもしれない。同僚も雨っ気だと古傷が病むと言っていた。

あぁ...

この世が終わりそうな勢いだ。

*1:幸いにも周りには人はいないようだから,謎の鳴き声(もとい泣き声)は誰にも聞かれていないはず。