とくにあぶなくないRiSKのブログ

危ないRiSKのブログだったかもしれない。本当はRiSKだけどググラビリティとか取得できるIDの都合でsscriskも使ったり。

さらに感覚的思考と論理的思考について

今日は意識して仕事を感覚的思考でできるか試してみた。結果は失敗っぽい。なかなか定まらないふらふらした思考だった。でも,成果はあった。
「感情を殺す」の応用で,テンションをちょっと高めにすると論理的思考でもそれなりに効率はアップする。*1
テンションを高めにするには,心をちょっと「怒」にすることで可能。ただし,「怒」の対象は決して定めてはいけない。ものに当たってはいけないし,人に当たってもいけない。そこで当たってしまうと単なる八つ当たりだ。自分自身にも当たってはいけない。そんなことしたら,廃人になる。
んで,その「怒」の心を見つめる,もう一つの冷静な心も必ず用意すること。活動時は「怒」の心をアクティブにして,(事情を知らない他の)人に話しかけられたら,冷静な心に切り替えること。そうしないと,周りに怖がられる。*2
例によって,2倍の精神力*3は使うが,短時間を乗り切るには使えると思う。

*1:「テンション高め」は別に今日発見したわけではない。改めて普段とは異なる力を出せることを認識しただけ。

*2:私は以前実際に「怖い」と言われたことがある。今日は「怖い」とは言われなかったけど,目つきが悪くなってる自分には気づいた。

*3:体を動かせば体力も2倍程度