とくにあぶなくないRiSKのブログ

危ないRiSKのブログだったかもしれない。本当はRiSKだけどググラビリティとか取得できるIDの都合でsscriskも使ったり。

あれ...?

【1196】花が咲くとなぜ哀しいのでしょうか

いまの私の自覚としては、医学用語の「寛解」というのが現在の私の状態であるに違いないというように思っています。

と書いておられますが、寛解という言葉を使うとすれば、今の状態は「完全寛解」ではなく、「部分寛解」といえます。つまり普通の言葉でいえば「まだ治りきっていない」、逆にいえば、「これから治る」ということです。

好奇心と行動力に満ちた昔の私はもう戻ってこないのでしょうか。そしてこうも思います。うつがひどかった時の私は純粋だった、あの頃は無条件に自己を否定できた、私は掛け値なしに罪人だった。けれども今の私は命が惜しいのか我が身が可愛いのか、とにかく図々しくて自分を断罪する事もできないようになっている、と。

このようにお考えになることも、うつ病による思考だと判断できます。治療が進み、状態がもっとよくなればこのような考えはなくなっていき、さらには「どうしてあの頃はあんなふうに考えてしまったのだろう」という思いも出てくるでしょう。

何で私が診断を受けているの? 何で診断をしてくれているの?