とくにあぶなくないRiSKのブログ

危ないRiSKのブログだったかもしれない。本当はRiSKだけどググラビリティとか取得できるIDの都合でsscriskも使ったり。

カテゴライズ

ユーザが欲しいものは「属性のついた答え」である。

例えばだ,
そのオタクは「生き物」が好きなのではない,「人間」が好きなのである。
そのオタクは「人間」が好きなのではない,「女の子」が好きなのである。
そのオタクは「女の子」が好きなのではない,「二次元の女の子」が好きなのである。
そのオタクは「二次元の女の子が」好きなのではない,「ょぅ(ry」が好きなのである。


このオタクが欲するものを探し出すプログラムとして考えるとどうなるだろうか?
「生き物」クラスを継承した,「人間」クラスを継承した「女の子」クラスを継承した…クラスのオーバーライドしたサーチメソッド呼出しとなるだろうか?いや違う。「二次元」ではない「ょぅ(ry」が必要なユーザのためにプログラムを書き直すのに苦労するだろう。そんな静的な解決策じゃプログラマが疲れるだけだ。

このオタク自身がフォルダでツリー構成を作り管理する方法だって同じ。すぐ破綻する。

# …すでに(うつのせいで)力つきてきた。
# 文章にするのを諦めた。

「タグ」付けこそが解決方法だと思う。
ユーザは「ょぅ(ry」タグがついた物を探す。一発で問題解決である。もしプログラムが「ょぅ(ry」タグを見つけられない(あるいは未登録の)場合,ユーザはその条件を指定する。その条件もまた「タグ」である。『「二次元の女の子」&&「18才以下」』と指定する。次回からは「ょぅ(ry」タグで探せる。同じ事をフォルダ管理でできるだろうか? すぐに破綻するだろう。
対象となるユーザを考えてあらかじめ「タグ」をプログラマ作っておくこともできる。つうか最小の条件はプログラマが作らんとな。
カテゴリというのはカテゴリで成り立っている。人間が勝手に条件を作って押し込んだ物がカテゴリである*1。でカテゴリ同士は互いに入り組んでいる。


ユーザが必要なのは1.カテゴリを取り出すことができて,2.カテゴリを作ることのできるプログラム。

Windows付属のGUI検索にしたって,CUIなパイプにしたって,カテゴリを作ってるんだよね。正規表現だって,あれはカテゴリを作ってるんだよ。grepとかさ。

ホント,フォルダ/ディレクトリ+ファイル名だけによるファイル管理の時代は終わったよ。


でユーザをとりこにするのは3.カテゴリを推測してくれるプログラム
ユーザはそれを参考にさらにカテゴライズしていく。
はてなはこの点大成功。おとなり日記だの,キーワードでの繋がりだの,自分と似たアンテナ表示したり,ブクマもそうだしイメージだって似た色の画像を表示したり。

今のところコンピュータから人間への情報伝達はテキスト・音声・画像・動画しかないからこれらをいかにうまくカテゴリごとに取り出し,カテゴライズし,カテゴリを推測するかに注目すれば,いいプログラムができるんじゃないか?


で,私の目標は上の3つの条件を満たすプログラムを作りやすい言語を設計すること。(ぉ


追記:
例えばさ,「ねみんぐ」で今投稿した画像と似た名前になった画像を表示させたりすればみんなと繋がるーみたいなのどうよ?

*1:生物学涙目wwwってこれだけじゃないんだけど,もちろん。