とくにあぶなくないRiSKのブログ

危ないRiSKのブログだったかもしれない。本当はRiSKだけどググラビリティとか取得できるIDの都合でsscriskも使ったり。

C/C++プログラミングの「迷信」と「誤解」

高木さんの迷信シリーズ本になって出るようです。
何かが違う... | 株式会社きじねこ

あと、当サイトの「C/C++迷信集」との関係についても少しお話しておきましょう。「C/C++迷信集」の内容は非常にあっさりしていますが、書籍『C/C++プログラミングの「迷信」と「誤解」』のほうは、それに比べるとかなり詳しく書いていますし、規格からの引用もふんだんに盛り込んでいます。「C/C++迷信集」のものと同じ見出しがついているものであっても、ウェブ上の複数の記事を統合したり、逆に分離したりして再構成している箇所が多々あります。ウェブ上の記事は長い期間に加筆修正するうちに乱雑になってしまいましたが、書籍のほうは、そうした反省を踏まえて書き直しました、

とのこと。

C/C++プログラミングの「迷信」と「誤解」
高木 信尚
技術評論社
売り上げランキング: 113102